【赤坂Mメディカルクリニックその1】一気に除去!数の多さを気にしない安定の施術【施術編】

その1では、高山ホワイト皮膚科クリニックさんでの
ほくろ除去をレポさせていただきました。
続きまして、赤坂Mメディカルクリニックさんでの
施術についてまとめていきたいと思います。

赤坂Mメディカルクリニックについて

こちらも以前カウンセリングを受けた
クリニックのひとつです。
口コミでも上位に入るクリニックです。

赤坂見附にあるクリニックで
とにかく小さいほくろがたくさんある人に
おすすめのクリニックです。
特に、3mm未満であれば5個まで18,000円、
10個までで30,000円とかなりお得。
ひとつのクリニックだけにしようと思ったのですが、
小さいほくろも多かったので、
併用としようと思いこちらにも決めました。

また、赤坂エリアは平日は劇混みなのですが、
休日ともなるとビジネスマンがいないので
かなりゆっくり過ごせるのも魅力のひとつでした。

あとは、1回ほくろ除去をしたので、
ちょっと勇気がでました笑

施術日 カウンセリング

1回目のカウンセリングから時間がたってしまったので、
再度訪問し再診察。
施術個所は写真の〇のところです。

f:id:takitatenogohan:20170316230154j:image
f:id:takitatenogohan:20170316230202j:image
f:id:takitatenogohan:20170316230225j:image
f:id:takitatenogohan:20170316230237j:image

背中汚い笑

合計で15個です!
多い笑

しかし、このうちのほとんどは
ここ数年で目立ってきたものですが、
肩の大きいほくろは小学生くらいからありました。
腕のほくろは自分でほじくったこともあり、
そのせいでいびつに成長してしまいました。

予約をして、クリニックに行くと、
看護師さんにほくろの数と金額をチェックしてもらいます。
数が多いくせに、何度も何度も追加だ減量だと数え直させてしまい
とてもめんどくさかったと思います…
最終的に15個の料金を出してもらったら
前回とほぼ同じ金額になったのでほっとしました。

首周りのほくろは3mm程度だったので
パッケージ範囲内でしたが、
それ以外はだいたい超えており、
肩にいたってはかなり大きかったので、
17万円くらいした気がします。
まあ、それでも1個1万円ですね。

いざ除去

数が決まったら、先生に説明してもらい施術室へ。
ここの麻酔は注射タイプです。
この注射タイプがとにかく痛いんです!
とくに、ほお骨など骨に近い箇所の麻酔は痛かったです。
首への注射は、よくアニメや映画で悪い人が
首にぶすっと鋭利な刃物を刺したり、
注射針を刺して眠らせるシーンを想像し、
ああ、人ってこうやって抹殺されるんだぁと思いました…

しばらく置いたらレーザー治療開始です。
前回の施術で慣れてきたので
特に変わったことはありません。
麻酔が衝撃的だったせいか、気持ちも楽だったかも笑
音もジジジジジ…と、
チクチク針で刺されている感覚です。

ほとんどもほくろは、数十秒くらいで終了し
ぽんぽん次に進んだのですが、
肩の大きなほくろだけかなり時間がかかりました。
もしかして、切るタイプのほくろ除去しにしたら
よかったんだろうかとふと思ってしまいました…

もちろん、麻酔がしっかり効いていただので
特に痛いこともなかったのですが、
終わってみると肩には大きなクレーターができていました。
それでも、あの青黒いほくろがなくなっただけでも
かなり嬉しかったです。

施術が終わったら、傷薬を塗ってもらい
絆創膏をはってもらいます。

施術後

お会計時には、同じように絆創膏と傷薬をもらいました。
こちらでは同じように絆創膏を貼って過ごすのですが、
2週間つけたままでとのことでした。
はがれたらまたキズ薬を塗って絆創膏を貼りますが、
なるべくは取らないほうがいいということでした。

麻酔が取れてきても傷が痛いということはありませんでした。
肩の大きいほくろのところも特に違和感ありません。
ただ、大きかっただけに血は出ていて
施術後すぐの絆創膏は血で赤くなってしまいました。

そして、経過観察をするために
少し時間がたったらまた診察をすることになりました。
お会計と次回の予約をして帰ります。

次回、経過観察編です。

1件のピンバック

コメントは現在停止中です。